計画的にお金を貯める2つのコツとスマホをつかった簡単な稼ぎ方!!

お金の管理とは案外大変なものです。いつに何をどの位なぜ使ったのか、一つ一つを考えると窮屈になってしまいます。家計簿を付けるにしても癖を付ける事が出来なければ長続きはしないでしょう。

1.お金の管理で大変なのは不測の事態!

 毎月決められた額を貯金にまわすことができれば、とても計画的にお金を貯めることが可能です。たとえば1ヶ月に3万円はお金を貯めるとしたら、半年で18万円、1年で36万円を貯めることができます。そして、それを5年続けたら180万円になります。180万円貯めることができればいろいろなことができますので、それができるのとできないのとでは大違いです。

 ただ、毎月決められた額をそのペースを乱さず続けることは、思いのほか苦労することです。それはどうしても予期できないような予定外の出費があるからで、そうなると貯めることは難しくなってしまいます。そんなときに考えておきたいお金の貯め方とは、たとえそういう出費があったとしてもなるべくペースを崩さないということです。

2.継続があなたの大きな力となる!

 先の例で挙げるならば3万円は無理でも2万5千円は貯めるなど、最大限譲歩できる額を貯めていきます。そうすれば目減りはしても貯金自体をやめるわけではありませんから、それによって貯金額は右肩上がりになるのをキープすることができます。1番やってはいけないのが貯金ゼロでその月をスルーしてしまうことです。そうするとどうしてもお金を貯めることそのものに疑問を持つようになってしまって、そうなるとその翌月もそのまた翌月も貯められずにいつの間にか失敗しているということになりません。

 つまり、お金の貯め方として気をつけたいのはそれを毎月なら毎月で決め事にしていき、それを乱さないようにするということです。それができさえすれば継続は力なりでお金がどんどん貯まっていきますから、それを続けていけば最終的にはかなりの金額のお金を貯めることに成功します。そのためには普段から家計のやり繰りについても目を配っておかなければなりませんし、何より収入が増えるように努力をしていかなければなりません。それができればお金の貯め方が多少雑でも何とか貯めることをキープできますので、まずはそこから考えていくと上手くいきやすいです。

3.簡単な副業は次の日の本業にも優しい

 本業で疲れているのに、さらに難しいことを副業とすると生活に無理を来たすことになってしまいます。例えば、19時に仕事が終わってそれからすぐにファミレスなどで接客のバイトをするとなると、疲れが取れる暇もありませんよね。動き回る仕事と言うのは足腰に大変負担がかかりますし、そのバイトがたとえ三時間くらいなものだとしてもとても大変です。絶対に、次の日に疲れが残って仕事に支障が出ることになるでしょう。

 ですから、本業以外でやるとなったら簡単な副業をやるのが一番いいのです。簡単な副業とはどのようなものかと言ったら、まずは本業を終えて帰宅してから、一歩も家から出ない仕事が理想的です。今はそういった簡単な副業が沢山あるのですから、スマホやパソコンで探して見ましょう。なんといっても、テレビを見ながら寛いでいる状態で稼ぐことができるので、こんなに楽しくて簡単な副業はないでしょう。

 また、副業では会社員の場合20万円までは確定申告の必要がありませんので、バイトなどを禁止している会社に勤めていたとしてもまったく大丈夫なのです。毎月1万5千円くらい稼ぐことができればいいので、一日の稼ぎは500円。全然苦になるような金額ではありませんよね。そして、20万円というのは決して馬鹿にできる金額ではないのです。このお金をずっと貯めておくことで、年末には海外旅行に行くこともできます。もしもしょっちゅう旅行に行きたいという人は、長距離バスなどを使った旅行であれば年に5回~10回はいくことが可能です。

まとめ

 人よりもちょっとだけなにかの作業をするだけで簡単に稼ぐことができるなんて、こんなお得なことはないですよね。誰にも知られたくないですし、黙っているのがいいように感じます。でも、もしも一緒に海外旅行に行く友達がいたら、旅行資金を貯めるのに簡単な副業を教えてあげてもいいですね。二人、もしくは三人で楽しく副業の話で盛り上がることができたら、さらにモチベーションも上がることでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ